オサレちゃんねる速報

美容・ファッション系2chまとめ

■その他の流行

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1:2017/03/01(水) 21:30:12.51 ID:
スマートフォンを使う女子高校生の4人に1人が
「頭痛などの体調不良になる回数が増えた」と自覚している--。

*+*+ 毎日jp +*+*
http://mainichi.jp/articles/20170302/k00/00m/040/090000c
3:2017/03/01(水) 21:30:58.53 ID:
眼精疲労だろ
4:2017/03/01(水) 21:31:13.95 ID:
頭が痛い問題だな
【スマホを使う女子高生の4人に1人が“頭痛などの回数が増えた”と自覚】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1:2017/03/03(金) 16:12:16.82 ID:
水素水商品の広告「根拠なし」 消費者庁、3社を処分

朝日新聞デジタル 3/3(金) 15:00配信

 水素を溶かしたとする「水素水」や「水素サプリ」について、合理的な裏付けがないのに
「水素のパワーでダイエット」などと宣伝していたのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は3日、通信販売会社「マハロ」(東京都)など3社に対し、再発防止策などを求める措置命令を出した。

数年前からブームになっている水素水について、消費者庁が同法で処分をするのは初めて。

 他に命令を受けたのは、いずれも通販会社の「メロディアンハーモニーファイン」(大阪府)と「千代田薬品工業」(東京都)。

 同庁によると、3社は、水素が入っているとする飲料水「ビガーブライトEX」「水素たっぷりのおいしい水」やサプリ「ナチュラ水素」について、
「燃焼ダイエット」「炎症を抑える効果で肩こりが軽減」などとする広告をホームページに載せていた。

同庁が3社に広告の根拠となる資料の提出を求めたが、科学的に十分なものが示されなかったという。

 水素水などの水素関連商品は、芸能人やスポーツ選手がブログで紹介したこともあってブームになり、コンビニにも商品が並ぶようになっている。

一方で、国民生活センターが昨年12月、禁じられた健康効果をうたう表示や広告が目立つうえ、水素自体が検出されなかった商品もあったとして、注意を呼びかけていた。(津田六平)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000063-asahi-soci
3:2017/03/03(金) 16:13:33.63 ID:
ブログで紹介させるのにいくら払っていくら儲けたやら
4:2017/03/03(金) 16:13:53.81 ID:
水素水の広告塔になったやつ涙目www
【水素水、「根拠なし」の景品表示法違反で処分wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1:2017/01/14(土) 09:46:59.59 ID:
アパレル不況に「絶食系」の影 大手でリストラ相次ぐ

アパレル不況が止まらない。婦人向け礼服最大手の東京ソワールは13日、従業員の1割にあたる約30人の
希望退職者を募集すると発表した。レナウンが同日発表した2016年3~11月期連結決算も最終損益が赤字に
転落した。

ワールドや三陽商会などアパレル大手でもリストラや大量閉店が相次ぐ。「冬の時代」が続くアパレル業界。
恋愛やおしゃれにまったく関心がない「絶食系」若者の影がちらつく。

■「モテ系」時代は今は昔
矢野経済研究所によると、国内のアパレル市場規模は2015年に約9兆3600億円。10年前には女性ファッション誌「CanCam」
に代表される「モテ系」ファッションがブームとなり、10兆円を超えていた市場はすっかり縮小モードだ。厳しい市場環境の
なかでは立ち直れない企業も相次ぐ。帝国データバンクの調査によると、2016年1~8月期のアパレル関連企業の
倒産件数は205件。その数は前年同期よりも6.8%増えている。

そもそもなぜ服が売れないのか。アパレル各社はその理由に消費者の節約志向の高まりや天候不順を挙げるが、理由は
それだけではない。一つは古着市場の拡大だ。後押しするのは「メルカリ」をはじめとするフリーマーケットアプリ。最大手の
メルカリのダウンロード数は国内で4000万を超える。安く出回る中古の服が新しい服の売り上げを抑えている。

■若者、異性に興味ナシ?
消費者側の変化も見逃せない。ある調査によると、服を買う上で異性の目を気にする人の割合は45%。今や若者の多くは、
おしゃれをする動機すら見失っているのだろうか。そういえば、「モテ系」ファッションのブームが一服し、恋愛に消極的な
「草食系」や、恋愛に興味ゼロの「絶食系」の存在が指摘され始めたのは2008年ごろ。市場が縮み始めた時期と一致する。

国立青少年教育振興機構の調査によると2015年に「結婚したくない」と答えた20代の未婚者の割合は17.8%で、前回調査
(2008年)より7.7ポイント上昇した。アパレル不況にブレーキをかけるカギは「絶食系」を攻略するしかないのかもしれない。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HMX_T10C17A1000000/
811:2017/01/14(土) 13:58:11.28 ID:
>>1
服買う金勿体ない
5:2017/01/14(土) 09:48:55.62 ID:
ユニクロとかしまむらは売れてなかったっけ。
【アパレル業界が死亡、若者がおしゃれや恋愛に興味を持たず外出着すら買わなくなった模様】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1:2017/01/15(日) 09:04:49.77 ID:

2:2017/01/15(日) 09:05:54.36 ID:
おっ、ネバヤン入ってた
3:2017/01/15(日) 09:06:32.66 ID:
全部知らん
【今年ブレイクしそうな若手バンドのランキングきたぞwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1:2017/01/07(土) 22:02:24.87 ID:
 芸能人がブログなどで紹介してブームとなっている「水素水」について、国民生活センターが違法とみられる表示や広告が目立つと注意を呼びかけている。禁じられた健康効果をうたうだけでなく、水素自体が検出されなかった製品もあった。


 「痒(かゆ)い部分に水素水をつけて」「最先端のアンチエイジング」「老化や病気の原因となる悪玉活性酸素を消去」――。ネット上に記載された水素水や水素水生成器についての商品説明には、健康への効果をうたう文言が並ぶ。

 同センターは、特に売り上げが多いとみられる容器入り水素水と生成器の19商品について、表示や広告の表現を調査。13商品で、パッケージや販売サイトなどに健康効果と受け取れる表現があった。

 飲料や食品は、健康効果をうたうことを医薬品医療機器法などで禁じられている。特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品であれば可能だが、水素水で許可・届け出されたものはない。同センターは健康効果をうたった事業者に表示の改善を求めた。

全文はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000071-asahi-soci
89:2017/01/07(土) 22:28:13.34 ID:
>>1
(´・ω・`)フツーに考えて効果あるわけないわな。
219:2017/01/07(土) 23:13:28.78 ID:
>>1
買い置きしたら水素抜けてしまうんだっけ?

ってか、100歩譲って水素がたくさん詰まった水だったとして、
それを身体に入れたら、どういう作用で効果があるんだっけか?

「水素水の水素が、体中の活性酸素を吸着して水になるのでアンチエイジングに効果があります」
・・・とかじゃないんだよねぇ?w
【「水素水」にご注意、違法効能PR 国民生活センター】の続きを読む

このページのトップヘ